大学生 体験説法(大学生の翼) - 春風 ~そよかぜ~ web(立正佼成会 春日井教会 WebSite)

大学生 体験説法(大学生の翼)

2007年09月15日 23:56

15日の釈迦牟尼仏御命日に、春日井教会にて
先日「大学生の翼」でフィリピンに行った大学生の説法がありました

春日井教会からは3人の大学生がフィリピンに行かせて頂きました

残念ながら、手島大学部長は不在でしたが
牧野くん&小川支部大学部長が、フィリピンでの体験談を中心に熱く語ってくれました!(^O^)/


IMG_0007.jpg

【淡々と、それでいて熱く語る牧野くん】


IMG_0012.jpg

【なぜかカメラ目線の小川支部大学部長(笑)】



その二人の話から出てきた言葉として



「かつてストリートチルドレンだった人が、更生し、逆にストリートチルドレンに紙芝居をしている姿を見て、本当に人は変わる事ができるんだな思った」
(ストリートチルドレンとは→こちら

「同じフィリピンという一つの国の中なのに、大きな貧富の差がある。自分の目で見ることができて本当によかった!」

「自分の幸せを、フィリピンの人に少しでも分けてあげたいと思った」

「フィリピンはキリスト教、自分たちは仏教。でも、実際にキリスト教の礼拝に参加して、宗教が違うだけで同じ人間だと思った」





この二人、熱いです(ToT)


その熱い二人の言葉で特に印象に残った言葉



「小さな事かもしれないが、自分は『募金』や『一食』を積極的に行うことで、今なおフィリピンにいるストリートチルドレンを減らしたい!」(牧野くん)
(一食を捧げる運動とは→こちら


「毎日、当り前のように食べているご飯に感謝できるようになった。今は、フィリピンに行かせてくれた両親に感謝しています!」(小川支部大学部長)





大学生は、すごく大切な事をフィリピンに行って学んできたようです(ToT)(ToT)


最後に、大学生の翼の事前教育で教えてもらった言葉を書きます

「自分の周りに一人でも不幸な人がいるかぎり、自分の幸福を手放しには喜べない」


まったく、その通りだと私自身も考えさせて頂きました



☆★☆ 予告 ☆★☆

近日中に、春日井教会道場内にフィリピンブースができる予定です

「ただ、なにも知らずに『一食募金』をして頂くのではなく。できるだけ多くの人に『一食』の意味を知ってもらった上で募金をしてもらいたい!!」

この様な、大学生達の熱い思いで作成されます
是非、みなさんのご協力、宜しくお願いいたします


(a.suzuki)
関連記事


コメント

  1. Fuck'in Boy | URL | OE/P4vjw

    ふっ

    「自分の周りに一人でも不幸な人がいるかぎり自分の幸福を手放しには喜べない」

    いい事言った、さすがオレw

  2. 編集長 | URL | -

    さすがオレさんへ♪

    確かに「あのセリフ」は”グッ”ときましたな~

    春日井教会の未来は、君たちにかかっている!!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kasugai2007.blog111.fc2.com/tb.php/13-3c11c69b
この記事へのトラックバック