無関心から関心へ(編集長のつぶやき Vol.5) - 春風 ~そよかぜ~ web(立正佼成会 春日井教会 WebSite)

無関心から関心へ(編集長のつぶやき Vol.5)

2013年03月11日 23:28

昨日は、青年部道場当番・・・
と、言いたい所ですが

スイマセン、私は マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知 2013 に参加しておりました(笑)

愛知県では、たぶん最大規模?
名古屋ウィメンズマラソンと名古屋シティマラソンの参加者を合わせると
たぶん、3万人ぐらいのランナーが走る大会です♪

かれこれ、もう5年以上前から参加しておりますが
年々、人数が増加して、今年は過去最高だったそうな・・・(*‘ω‘ *)

いや~ ランナーが増えるのは嬉しいですね~♪♪


話は変わりますが、二年前の今日、
東日本大震災が発生し、東北地方を中心に多大な被害をもたらしました

そう、たった二年前の出来事なんですよね。。。
それなのに、やや風化しかかっている事が恐ろしい。。。

自分自身、大震災直後は、仕事中に献血に行ったり、
何か出来ないかと色々と模索したりと、ホントに目を向けていたのだと思います

それが、今はどうか?

献血はおろか、被災地に目を向けているとも言えない
果たしてこれでいいのかと思います・・・

人にとって、一番辛いことは、
無関心 だと言われています

例えば、一人一人の力は小さくても、
被災地のために募金をする、献血をする、ボランティアに行く、
はたまた、被災地の野菜など特産物を購入する

出来ることは沢山あるのに、
恥ずかしながら、自分自身、殆どできてないなと思います


昨年同様、
“マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知”に参加するランナーには
下記写真の様なステッカーが配られました

20130311.jpg

「ユニフォームの見える位置に貼って下さい」と指示があります、
もちろん、貼るも貼らないも、ランナーの任意です

しかし、実際にフタをあけてみると
3万人近いランナーの、ほぼ全員がステッカーを付けて走っているのです!

「がんばろう日本!」
「RUN FOR JAPAN」


少なくとも、3万人、
いや、沿道で応援する人、テレビ中継を見ている人、
すべての人が“無関心から関心”へ変わる瞬間があったのではないかと思います
(私も、その中の一人でした)


がんばろう日本!


素敵な言葉ですよね♪(*´∀`*)

震災からの復興には、何十年もかかると言われています
それは、建物や経済もそうですが、精神面での復興というものも含まれるでしょう

今回のマラソンフェスティバルに参加して、
笑顔で楽しむ、一生懸命に走る事も震災復興の役に立つのでは?と思いました

精一杯生きる、笑顔で生きる

とっても、大事ですよね♪(≧∀≦)ノ

マラソンを通して、そしてステッカーを通して思い出しました
さっそく、今週にでも献血に行ってこようかと思います!
(思い立ったら、すぐ行動が趣味なので(笑))


改めまして、
東日本大震災からの早期復興、並びに、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します

合掌


(編集長@あっキュン☆彡)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)